グラフィックボードの選び方

グラフィックボードってなに?

オンラインゲームをもっと楽しみたい!映像をもっと高画質で楽しみたい!そんな人なら一度は聞いたことがある『グラフィックボード』。このグラフィックボードというのは「ディスプレイに映像や画像をキレイに表示させるためのパーツ」のことをさしています。

 

今流行の3Dグラフィックを使ったオンラインゲームをもっと楽しみたい!映像を高画質で見たい!という人にはこのグラフィックボードはとても重要なパーツとなってきますが、仕事で事務作業をしたり、インターネットで調べものをしたり…あまり特殊なことをしない人にとっては、パソコン本体に備わっている「マザーボード」というパーツに搭載されているグラフィック機能で十分なので、グラフィックボードはあまり重要なパーツではありません。

 

どうしてグラフィックボードが必要なの?

オンラインゲームを楽しみたい!高画質での映像を楽しみたい!というというところからなんとなく想像できるかもしれませんが、グラフィックボードは「ゲームや映像の画質をキレイに、かつ滑らかな動作で実行する」というミッションをもっています。

 

書類作成やインターネットでの調べものといった、会社でいうところのいわゆる「通常業務」はパソコン本体のCPUという部署が頑張っているので十分です。しかし、もっと高度な専門技術が必要になった時、CPUだけでは会社全体の業務に支障がでてしまうかも…!ということで、その分野に特化した部署を立ち上げようよ!!ということで、グラフィックボードという映像分野での専門部が登場しました。

 

ちなみに、このグラフィックボードは人気者で、実に呼び名がたくさんあります。グラフィックカード、グラボ、ビデオカード、ビデオボード…いろいろ呼び名はありますが、こちらでは「グラフィックボード」と統一していきたいと思います。

 

どうやって選べばいいの?

さて、グラフィックボードを選ぶ際、大事なポイントになるのが「GPU」(Graphics Processing Unit)といわれるもの。日本語にすると「画像処理回路」と呼ばれる、グラフィックボードのブレーン的な存在です。GPU はグラフィックチップ、ビデオチップとも呼ばれていて、グラフィックボードの中でもとても重要な役割を持っています。

 

基本的にGPU が何をしているかというと、 すごく簡単に言ってしまうと「CPU のお手伝い」をしています。画像・映像のプロフェッショナルであるGPU が映像処理に係る仕事をCPUの代わりに行っている、というイメージです。

 

ですから、このGPUがどれくらい仕事のできるヤツなのか?そこを見極めることが、グラフィックボード選びの要となってきます。このGPUの性能が悪かったりパソコンとの相性がわるかったりすると、せっかく楽しみにしていた最新ゲームも画像処理が追い付かずに動きが止まったり、正常に表示されなかったりすることもあるので、きちんと選んでおくことが大切ですね。

 

GPUのココを見よう

グラフィックボードにとっての要であるのがGPUというお話をしましたが、GPUはあくまでも「部署」の名称で、その部署の中では各自が役割分担をもって働いていています。その「役割分担」GPUの「性能」となってきますので、各自の働きを確認していきましょう。確認する内容はざっくり7点。

 

1)メーカー
2)メモリ容量とメモリクロック
3)メモリバス幅
4)コアクロックとコアブーストクロック
5)解像度
6)API
7)入出力端子

 

チェックポイントは色々とありますが、この中で重要になってくるのが1の「メーカー」です。そのまんまの説明ですがGPUが「どこの会社で」つくられているか?ということです。「メーカー」などと聞くと、たくさんのメーカーがあって、たくさんの特徴があって…そんなイメージがどことなくあるかもしれませんが、GPUについては激しい競争の果てに、現在はほぼ2社しかありません。

 

・NVIDIA社の GeForce: GTX 、GT シリーズなど
・AMD社 のRADEON… R(RV)、HD、Rx シリーズなど

 

ゲームを楽しみたいならGeForce

GeForce というのはアメリカのカリフォルニア州サンタクララにあるNVIDIA (エヌビディア) コーポレーションが開発している GPU ブランドです。最近では「オールマイティなGPU」とも言われていますが、3Dグラフィック処理に特化して製造されているということもあって、ゲーム分野ではこの「GeForce」を基に開発されていることあるくらい「ゲームに強い」ブランドです。シェアも高いGPUですので初心者にもオススメです。

 

玄人にはRADEON

RADEONというのはアメリカのカリフォルニア州サニーベルにあるアドバンスト・マイクロ・デバイセズ(Advanced Micro Devices, Inc. )略してAMD(エイエムディ)社が開発したGPUブランドです。映像、動画などの再生表示についてはそれなりの評価があるようですが、GeForceとほとんど変わらない…という意見も多いです。

 

GeForce と比べるとシェアは低めですが、同性能のものがモノによっては若干低価格で購入できるといった特徴があるので、自作PCの方や上級者、玄人肌の方達など、コストパフォーマンスを意識した時にはこちらのブランドを選択肢にいれてもいいのかもしれません。

 

メモリ容量とメモリクロック

先程GPUが「会社でいうところの映像部署」という例えをしましたが、ここからは個別の「役割分担」についてのお話をしていきます。この中身でGPUが「使えるやつ」なのか「つかえないやつ」なのかの判断基準になってくるので、各自の役割分担を理解しておくことはとても重要です。

 

メモリ容量というのは「グラフィックボードにどれくらいのデータ量を入れられるか?」という役割を担当しています。単位は「MB」で表記されていて、この単位の数字が大きいほどグラフィックボードの容量も大きい、ということになります。

 

GPUというのは、CPUから「3D画像よろしく!」という指令を受けると、ディスプレイに映し出すための画像データを集めたり計算をしたりして、準備を整えておくのが全体としてのお仕事です。

 

そして、そのデータを一時的にストックしておいて、出番が来たら一気に画像データをモニターに映し出す!と繋がっていくのですが、このデータを一時的に保管しておく場所のことをVRAM(Video Random Access Memory )といいます。このVRAMは画像表示専用のメモリのことで、ビデオメモリーやグラフィックスメモリーなどとも呼ばれています。

 

画像表示の為のデータはまずVRAMという場所に保存されますが、ここの場所いっぱいになってしまうと、パソコンのメインメモリー をVRAM の代わりとして使うことになります。そうすると、パソコンそのものの動作にも影響を与えてしまいますので、メモリの容量はなるべく大きいものを選んでおく方がベターです。

 

ちなみに、このVRAMを使わないでパソコンのメインメモリーだけを使ってグラフィック表示をする機能を「オンボードグラフィック」といいますが、3Dなどの高画質画像を必要としないようであれば、こちらでも問題ないかもしれません。

 

そして、メモリクロックというのは「メモリがどれだけ早いスピードで処理できるのか?」という担当をしています。「MHz」という単位で表記されており、こちらも数字は大きいほど処理スピードが速い、ということにはなりますが、ここがよければいい!というわけではないので、ほかの役割分担である性能との兼ね合いで判断していくものになります。

 

メモリバス幅

メモリバス幅は「一度にどれくらいのデータ量が送れるか?」という仕事をしていて、「バス幅」とも呼ばれています。単位はbitで表記されています。メモリがどれだけ頑張ってデータを集めてストックしておいても、送れる量が少なかったらメモリの頑張りも寂しい結果となってしまいますので、こちらも重要な性能のひとつです。

 

コアクロックとコアブーストロック

このふたつは両方とも「データ処理のスピード」に関する役割をもっていて、両方ともMHzで表示されています。まず、最初のコアクロックはGPUのデータ処理スピードが「どれくらい」の速さなのか?というクロック数とよばれる動作周波数を表した数値です。

 

そして、コアブーストロックというのが「どこまで」早く処理できるか?という、処理スピードのMAX値を表示したもの。GPUはグラフィックボードのブレーン的存在です。もちろん処理のスピードは速いほうがいいのですが、頭の回転さえよければ良いGPUなのか?というわけではありません。

 

解像度

これは各自の役割を一所懸命がんばってきた結果=データを「画像」としてディスプレイに表示させたときの「美しさ」をきめるものです。1920X1080など表示してあり、この数字が大きいほどよりキレイで滑らかな画像を映し出してくれます。

 

API

こちらはグラフィック関係の色々なプログラムを簡単にシェアできるようにした総称のことをいいます。様々な関連企業との仲介役みたいな役割とでも言えばいいでしょうか。

 

グラフィックボードには様々なプログラムやソフトウェアが使われていますが、GPUそのものそれらのプログラムやソフトに対応しているのか?それをチェックしているのがこのAPIと呼ばれているモノです。

 

いくつか種類がありますが、代表的なシリーズは「DirectX」と呼ばれるMicrosoft社が開発したものです。主にグラフィック機能のバージョンアップを目的として提供していることもあって、3Dゲームを楽しむ場合や映像・画像編集の場合でよく使われています。選ぶときには、やりたいゲームなどが「どのバージョンに対応しているか?」それを確認することが大切です。

 

入出力端子とケーブル

入出力端子は俗にいうパソコン本体とディスプレイをつなぐ「ケーブル差込口」で、データの送受信をするための「窓口業務」を担当しています。この差込口をみると、どんなケーブルを使えるのかがわかるので、必ず端子の形状を確認しておきましょう。

 

ケーブルの種類はいくつかありますが、「アナログ対応」「アナログとデジタルの両方対応」、「デジタル対応」合計3種類あります。テレビの地デジでもよくわかりますが、アナログとデジタルだとデジタルのほうが画像は断然キレイなので、より高画質な画像を楽しみたいならデジタルケーブルの方がおすすめです。

 

アナログ世代

「アナログ専用」のケーブルには「VGA」という映像のみを伝えるケーブルがあります。D-Sub、RGBなどとも呼ばれています。

 

デジタル世代の始まり

アナログとデジタルに対応した「DVI-I」ケーブルと、デジタル専用の「DVI-D」があります。こちらもVGAと同じく映像のみの取り扱いですが、VGAと大きく違うのはデジタル対応になったことと、「画像をどれくらいキレイに表現できるか?」という解像度によって、

 

・シングルリンク
・デュアルリンク

 

とさらに細かく種類がわかれていることです。

 

このシングルとデュアルの違いは画像信号を送る「道が1本なのか2本なのか」という違いです。高画質な画像はデータ量がより多いので「どっちがいい?」となったら、誰でもたくさん送れるほうがいいですよね。ただ、パソコンやディスプレイのDVI端子がシングル・デュアルのどちらに対応しているのかによって使えるケーブルが異なってくるので、しっかり確認しましょう。

 

デジタル世代

HDMIとDisplayPortですが、こちらはどちらもDVIを進化させたデジタル対応のケーブルで、1本で「画像・音声・制御信号」のすべてを送ることができるタイプです。HDMIはDVIをAV家電向けに改良して作られているので、映画やゲームなど楽しむ場合はHDMIタイプを選ぶといいと思います。

 

また、HDMIの中にはイーサネットに対応しているのもあるので、インターネット接続をする場合はイーサネット対応のものを選ぶといいですよ。ただ、HDMIにはいくつかコネクタタイプがあるので、このコネクタを確認してから選ぶようにしましょう。

 

DisplayPortは、HDMIが映画やゲームなどを楽しむAV家電向きのケーブルに比べて、PCメーカー主導で作られたケーブルなので、主にビジネスシーンで使用されていることが多いです。また、HDMIより超高解像度での利用を考えて作られているので、特に医療分野などでは「DisplayPortしかない!!」といわれています。

 

ケーブル

なんとなくGPUがどういう働きをしているのがつかめましたか?グラフィックボードを選ぶ時って結構チェックしなきゃいけないポイントがあって、頭がぐちゃぐちゃしまいますよね。

 

とりあえずオンラインゲームを楽しみたい!という人であれば、

 

・メーカー
・メモリ容量
・コアクロック

 

この3点を最初に注目して選んでみましょう。

 

>> おすすめはこれだ!ゲーム用PCランキング <<