ゲーミングPC下取りサービスの価格、条件、手順を比較

廃棄するよりも下取りがおすすめ

ゲーミングPCを新しく買った場合、古いパソコンをどうするかが問題になります。データの引っ越しさえ完了すれば、古いパソコンはもう使いません。ただの置物と化し、はっきり言って邪魔な存在でしかありません。

 

新しいゲーミングPCを買う時は「古いパソコンも使うだろうからとっておこう」と思うものです。しかし私の経験から言って、絶対に古いパソコンを使うことはなくなります。本当にただただ邪魔なだけです。

 

廃棄するとお金がかかる

新しいゲーミングPCを購入してから、「やっぱ古いパソコンはいらないや。処分しよう。」と考えた場合、廃棄サービスを利用するか、どこかのショップに持ち込むしかなくなります。

 

廃棄サービスはお金がかかります。私は何度か利用したことがありますが3000円から5000円くらいかかりました。結構高いですよね。どこかのショップに持っていくのは面倒でしたし、引き取ってもらえないことも多いので避けました。

 

下取りサービスなら割引がある

BTOゲーミングPCを買う際に、「下取りサービスを利用する」なんて選択肢が必ずあります。下取りサービスとはBTOメーカーがパソコンを引き取ってくれるものです。しかもお金がかからないどころか、お金を貰えます。

 

正確に書くとゲーミングPCの代金から一定金額割り引いてくれます。廃棄だとお金がかかるのに下取りサービスだとお金が貰えます。これなら下取りサービスを利用したほうが確実にお得ですよね。

 

下取りサービスを利用する流れ

  1. 購入するゲーミングPCを決める
  2. カスタマイズ画面で「下取りサービスを利用する」を選択する
  3. ゲーミングPCが届く
  4. 下取依頼書に記入し、古いパソコンをダンボールに入れる
  5. 下取依頼書に記載された電話番号に連絡し、集荷を依頼する
  6. 古いパソコンを発送する

 

どのBTOメーカーの説明を見ても、大体こんな流れです。ポイントとしては「ゲーミングPCを購入した後に古いパソコンを発送するからデータ引越しの余裕がある」「発送負担はBTOメーカー側だから余計なお金がかかる心配はない」ことでしょう。

 

例えばマウスコンピューターの場合はゲーミングPCを購入してから10日後までに発送すればOKです。かなり時間に余裕がありますね。ゲーミングPC到着と同時に交換なんてことは絶対にないので安心してください。

 

下取りサービスの割引金額

どのBTOメーカーを見ても1000円引きです。ここに違いはありません。新しいゲーミングPCが1000円安くなると覚えておきましょう。

 

最低限のパーツを残せばいい

下取りサービスで古いデスクトップを処分する場合、PCケース、マザーボード、CPU、メモリが残っていることが条件になります。どれか1つでも欠けていると下取りしてもらえません。

 

逆に考えるとグラフィックボード、HDD、DVDドライブ、サウンドカード、余ったメモリは全部取り外しても大丈夫なのです。だから貴重なグラフィックボードは残しておけますし、内蔵HDDを引っこ抜いておけばデータ引越しはあとからでも可能です。

 

意外とこの辺りの条件を知らない人が多いらしく、流用できるパーツを処分してしまって勿体無いケースをよく見ます。流用しないならゴミなのでOKですが、HDDは新しいゲーミングPCに挿せばデータ引越し完了になるので、発送する前に取り外しておくことをおすすめします。

 

>> おすすめはこれだ!ゲーム用PCランキング <<