ゲーミングPCにおすすめのメモリ量

メモリとは

オンラインゲームをサクサクっと楽しみたいなら、PC選びには気をつけなければいけないパーツがいくつかあります。指令を出すブレーンともいえる「CPU」、美しい画像を表示してくれる「グラフィックボード」、そして今回の「メモリ」です。

 

メモリというのは、いわゆるCPUの縁の下の力持ち…みたいな存在です。イメージとして、CPUがブレーンとなって考えたり作業を行ったりする「人」とするのであるとすれば、メモリはその「人」が作業をするための「机」のような役割を担っています。ここの「机」が大きいと、何冊もノートを広げたり、資料本をひろげたりと、色々な作業を同時に行うことができますよね。

 

メモリというのは、CPUがあらゆる処理や計算をするためのデータの「一時的な保存場所」のことをさしています。ですから、ここの場所が狭いとすぐに動作が滞って遅くなってしまうので、メモリの容量は多い方が作業はサクサク進みますし、動作もスムーズです。

 

RAMとROM

メモリとひとくちにいっても「USBメモリ」もメモリと言うし、同じような名前でなんだか混乱しますね。今回の「メモリ」というのはPCの主記憶装置(メインメモリ)と呼ばれているパーツで、専門的にはRAM(Random Access Memory)とも言われています。対してUSBメモリなどのフラッシュメモリは専門的にROM(Read Only Member)と呼ばれています。

 

RAMはCPUが仕事をするために必要なデータを「一時的」に置いておく「保存場所」なのですが、CPUがその仕事を終えて電源を切ってしまうと一時的に保管されていたデータは消えてしまいます。このことからRAMは「揮発性メモリ」とも呼ばれています。

 

このRAMの「保存」は電気的な作業になるため、データの出し入れスピードがとても早いのが特徴です。イメージとしては「行きたいところに一気に行ける!」的な感じです。HDDのように磁気ディスクに「書き込み」作業をしないので、その分早くなっています。

 

ちなみに、ROMは電源を切ってもデータを保存しておけるので、データや写真を中長期的に保存することができるので、「非揮発性メモリ」とも呼ばれています。そのRAMですが、ざっくり2つの種類に分かれていて、SRAM(Static RAM)と、DRAM(Dynamic RAM)というものがあります。SRAMというのはデータへ高速アクセスすることができるのですが、高価なので普通のPCへは使われていません。DRAMは低コストで大容量化ができる、という観点からPCに使われています。

 

「メモリ」といっても色々な種類がありますが、今回は「メインメモリ」の「RAM」である「メモリ」について知っていきましょう。

 

メモリの容量は大きい方がいい

メモリはCPUの仕事に対して、データの「一時的」な保存場所ですよ、ということ先程お話しましたね。そうすると、その作業場所は広い方がCPUのお仕事もサクサク進むことになるわけですね。「じゃあ、どれくらいの大きさ?」という、メモリの容量についは4GBとか8GBなど「GB」で表されています。ここの数字が大きい方がデータを一時的に保存できるスペースが広い=高速処理=サクサク動く、となるわけです。

 

デュアルチャネルで高速化

メモリの数字は大きい方がいい!ということになりますが、このメモリの数字というのは「合計容量」のことをさしているので、メモリ1枚で4GBの時もあれば、2GBのメモリが2枚使われて4GBになっている時もあります。1枚で4GBなのか、2枚で4GBなのかはメモリのスピードが変わってきます。

 

最近は「高速化」の技術が色々とでてきますが、このメモリを「複数枚使う」ということもその技術のひとつになります。同じ容量、同じ規格のメモリ2枚を1組としているものを「デュアルチャネル」、メモリ3枚だと「トリプルチャネル」、4枚だと「クアッドチャネル」などと呼ばれています。

 

もちろん、一枚(シングルチャネル)もないことはないのですが、近年は「高速化」時代に突入しているので「複数枚セット」で売られている事の方が多くなっています。
メモリはマザーボードに差し込むパーツですが、このメモリを指す場所のことをメモリスロットと言います。最近はデュアルチャネルタイプが主流になってきているので、この場合はメモリスロットには2枚のメモリがセットされている、ということを覚えておきましょう。

 

このメモリスロットがいくつあって、メモリがいくつ使われて、最大容量はいくつなのか?ということは必ず把握しておきましょう。もし後々「メモリ容量がたりなくなっちゃった!」となった場合、とても重要になってきます。ちなみに、最近はこのメモリスロットについては全部で4スロット〜6スロットとなっていることが多いです。

 

OSにも要注意

メモリは大きい方がいい!ということをちょこちょことお話していますが、使っているPCのbit数によって、その最大容量の限界が変わってきます。Windows 7や8にはそれぞれ「エディション」と呼ばれる製品があります。Windows 7だと「Home Premium」「Professional」「Ultimate」。Windows 8だと「8.1」「8.1 Pro」なんて呼ばれているモノで一度くらいは聞いたことがあるかと思います。

 

これらのエディションにはそれぞれ、32bitと64bitという2種類の処理スピードの違うバージョンがあって、この32bitか64bitで、セットできるメモリの最大容量が変わってきます。

 

32bitの場合、どんなに頑張っても最大4GBが限界ラインとなっていますが、実は他のパーツの処理のことも入れると実際は3GB前後くらいしか使うことができません。
ところが、64bitだと4GB以上のメモリをセットすることができるので、3D満載のゲームをやるんだ!という人は、メモリが多めに使える64bitのOSを選ぶようにしましょう。最近のゲームは推奨スペックのメモリが4GBを軽く超えているものもあるので、「そもそも64bitのOSじゃないとムリ」という時代になりつつあるのかもしれません。

 

メモリの世代

メモリはマザーボードに差し込むパーツですが、なんのメモリが使えるのかはそのマザーボードによって決まってきます。その「種類」を表しているのがDDR(Double Data Rate)です。正式名称はDDR-SDRAMですが、基本的にDDR+数字で表されています。

 

以前は「SDRAM」というメモリが安くて主流でしたが、DDRが登場してからはひっそりと影をひそめ、DDRも「DDR」「DDR2」とバージョンアップを重ねて、現在主流なのは「DDR3」です。

 

バージョンアップする度に、前世代よりデータの転送スピードが上がっていたり、更なる省エネ・低発熱…などといった要素が織り込まれていますが、DDR3では前世代のDDR2よりデータを転送するスピードが2倍になっていたり、「プリフェッチ機能」といって、CPUから「データちょうだい」と言われる前にデータを用意しておくという、秘書っぽい機能が搭載されています。

 

ただ、次世代型の「DDR4」が登場しているので、これからこのDDR4に対応したマザーボードが出てきた時にはDDR4が進出していくことと思います。DDR4はDDR3のプリフェッチ機能を持ちつつ、DDR3の速度2倍!容量2倍!さらに省エネもしちゃう!というタイプです。

 

ちなみにDDR3は基本的にデスクトップ用になりますが、DDR3Lというノートパソコンなどの薄型対応の種類もあります。DDR3より低い電圧でも動作ができるようになっている他は、基本的な性能はほとんどDDR3と変わりありません。

 

どの種類を使うかはマザーボード次第なので、メモリ目線…というよりもマザーボードやCPUがどの種類に対応しているのかをチェックしてからメモリを選ぶようにしましょう。

FSB…メモリの名前について

メモリの容量を示しているのは「GB」ですが、メモリのデータ転送スピードを表しているのがFSB(メモリバス)と呼ばれる数字になります。このFSBはDDR世代同様、マザーボード目線で合わせてあげなければなりません。

 

ですので、このFSBは種類表記である「DDRx-xxxx」といったようにDDRの後ろに数値が表示されていています。そのFSBに対応したPC-xxxxと表記があるのですがが、それがいわゆる「メモリの名前」となっているということも覚えておきましょう。

 

具体的にDDR3シリーズのFSBの種類にどんなものがあるかというと、

 

(FSB) DDR3-800 : (メモリ名)PC3-6400
(FSB) DDR3-1066 : (メモリ名)PC3-8500
(FSB) DDR3-1333 : (メモリ名)PC3-10600
(FSB) DDR3-1600 : (メモリ名)PC3-12800
(FSB) DDR3-1866 : (メモリ名)PC3-14900
(FSB) DDR3-2133 : (メモリ名)PC3-17000
(FSB) DDR4-2400 : (メモリ名)PC4-19200
(FSB) DDR4-2666 : (メモリ名)PC4-21333
(FSB) DDR4-3200 : (メモリ名)PC4-25600
(FSB) DDR4-4266 : (メモリ名)PC4-34100

 

DDR4になると、メモリの名前部分のPCも「PC4」となるので、メモリ名からでもなんとなくどちらの種類なのかがわかりますね。FSBもメモリ名でもそうですが、基本的に数字の大きい方がデータの転送スピードが早い!ということになります。

 

見方としては、「DDR3-1600」というのは「メモリの種類がDDR3でFSBが1600ですよ!」という意味になります。「PC3-12800」というのはそのメモリの名前となっています。以前はFSBの数字とメモリの名前の数字は同じだったようですが、現在は同じでなくなってしまっているので、パッと見た目では少し分かりにくいですね。

 

「メモリを選ぼう!」となったら容量とならんで、こちらも優先的に見る箇所となっています。ちなみに、DDR3シリーズの中では「DDR3-1333(PC3-10600)」が一番人気となっています。

 

規格…DIMM

メモリにも「規格」というものがありますが、やはりマザーボード目線で選ばなければなりません。現在使われているメモリの規格はざっくり3種類となっています。

 

・DIMM (Dual In-line Memory Module)
・SO-DIMM (Small Outline Dual In-line Memory Module)
・Micro DIMM

 

現在主流なのはDIMMです。デスクトップに使われていることが多い規格になっていますが、ノート型には使えない、という訳でもありません。そのDIMMに対してSO-DIMMはノート型パソコン向きの小型規格、Micro DIMMはさらに小型化した規格になっていてB5サイズのノート型PCに使われている事が多いです。どの規格になっているか?ここもチェックしてからメモリは選んでいきましょう。

 

品質

メモリの製品を見ているとたまにみかけるのが「JEDEC」(ジェデック)という文字です。JEDECというのはアメリカの電子部品や半導体部品の規格を「標準化しよう!」と進めている有名な業界団体です。

 

SDRAMやDIMMの規格を作成したりしていますが、ここの団体が作成した規格に基づいて作成された製品が「JEDEC準拠品」と言われていて、要は「一定の品質基準をクリアしているから大丈夫!」という、「安心マーク」みたいなものですね。

 

メモリはどれくらいあればいいの?

色々メモリのお話をしてきましたが、結局メモリって何で選べばいいの?!となったら、一に「容量」二に「容量」、三・四がなくて、五にハーフハーフで容量とFSBくらいでしょうか。それくらいメモリの容量に注目して選ぶことが大切となっています。

 

最近のゲームはどんどん高画質、高品質になってきているので、推奨スペックもどんどんあがってきています。最新では推奨スペックが「メモリ8GB」となっているものもでてきますので、そうするともう8GBじゃ足りないわけですね。そうすると、これからも楽しんでいく…という余力を残すためにも16GBはあった方が安心です。

 

メモリのスピードはDDR3-1333(PC3-10600)がオススメ、というお話をしましたね。最後に「どこのメーカーにしよう?」となったら、「永久保証」とシールの貼ってあるメーカーさんの製品に注目して選んでみるとさらに安心ですね。

 

>> おすすめはこれだ!ゲーム用PCランキング <<