ゲーミングPCは海外製より日本製がおすすめ

海外製ゲーミングPCはデザインだけ

ゲーミングPCには日本製と海外製があります。日本製で有名なのがドスパラ(ガレリア)、マウスコンピューター(G-Tune)、パソコン工房(レベルインフィニティ)です。

 

日本で清拭されている海外製ゲーミングPCで有名なのはDELL(エイリアンウェア)、MSI、HPです。ゲーミングPCなんてどれ買っても一緒でしょ?なんてのは大間違いです。日本製と海外製とで決定的な違いがあります。

 

海外製は高い、日本製は安い

一番の違いは価格です。海外製ゲーミングPCって本当に高いです。理解不能レベルの価格設定をしています。円高や円安の影響もあるのでしょうが、その要因を除外したとしてもまだ高いです。

 

海外だとゲーミングPCって高いのが当たり前なので、日本製ゲーミングPCが安いのが異常という可能性もあります。でも日本で売るからには価格競争するのが普通ですよね。でも高いままです。

 

色々な人に話を聞いたところ、どうやら海外のPCメーカーは、日本の社員が価格設定の権限を持っていない疑いが生じました。サイトを変更するのも海外の許可がいるようなので、それより重要な価格に関して何も言えない可能性があります。

 

また、余計な機能が満載なのも原因です。一番びっくりしたのがゲーミングノートPCなのにタッチ対応液晶を搭載したものを見た時です。ゲーミングノートPCの液晶モニターを手で触りますか?マウスで操作しますよね。指紋でベタベタになった液晶でゲームなんて見えにくくなるだけです。

 

ゲーミングノートPCが多くて、デスクトップが少ない

海外製ゲーミングPCで謎なのがノートPCばかり売っていることです。MSIなんてその筆頭で、ノートばかりです。エイリアンウェアはデスクトップもありますが、小型か超大型の2つしかありません。ちょうどいいサイズがないのです。

 

日本製は逆です。デスクトップ中心でノートPCが少なめです。ほとんどの日本人はデスクトップゲーミングPCを買うのですから当然でしょう。デスクトップのほうがノートPCのほうがコスパがいいですし、カスタマイズ性も優れているのですから。

 

デザインは格好良いけれど・・・

海外製ゲーミングPCのデメリットばかりを上げてきましたが、唯一メリットを上げるならデザインが格好良いことです。日本製よりもサイバー感、ゲーミング感のあるデザインです。

 

光るタイプのゲーミングデバイスが好きな人なら、海外製ゲーミングPCのデザインはグッと来るものがあるでしょう。ただ、デザインなんて3日で飽きるんですよね。私も海外製を買ってみましたが、デザインなんてどうでもよくなりました。

 

デザインよりもずっと大切なのは使い勝手や性能、コスパです。これらに関してはどう考えても日本製ゲーミングPCのほうが優れています。だから私は日本製であるドスパラ、G-Tune、パソコン工房のゲーミングPCをおすすめします。

 

>> おすすめはこれだ!ゲーム用PCランキング <<