おすすめのBF4用ゲーミングPC

おすすめのBF4用ゲーミングPC

Battlefield4 (以下、BF4)って、よくCODシリーズと比較されてますけど、こっちの方が断然マルチでのチームプレーはオモシロイ。楽しみ方もイロイロあるのもいい!リアルすぎる戦場の中を駆け巡って敵を撃ち倒していくのもよし!司令官モードで戦略的に楽しんでもよし!破壊を楽しむのもよし!

 

FPSは初めて!という人や、エイムが苦手…という人も楽しめるようなゲームになっているので、FPSを愛するなら一度はやっておくべきゲームかもしれません。
ただ、このゲーム…重いのが難点です。

 

BF4推奨スペック

最高画質でやろうと思ったらミドルスペックレベルだと足りません。FPSはパソコンの性能=実力といわれるくらい、その性能が重要になってくるゲームです。推奨スペックと同じくらい、ちょっと上くらいの性能では厳しい戦況を生き残ることもできません。

 

まずはそんな推奨スペックを見ていきましょう。

 

・OS:Windows7 64 bitもしくはWindows 8 64bit
・CPU:Quad Core以上
・メモリ:8GB以上
・HDD/SSD:30GB以上
・グラフィックボード:GeForce GTX 660 3GBもしくはRadeon 7870 3GB以上

 

注目すべきはグラフィックボードです。ビデオメモリが3GB以上とありますが、これってGeforceのGTX 760やGTX770だとビデオメモリが2GBなのですでに足りてない!ということになってきます。

 

プレイはできるけど、常時fpsを60以上出すのは厳しい…そうすると、GTX970以上は必須になってきます。また、グラフィックボードの性能をきちんと引き上げてくれるCPUも大切なので、戦況的に不利にならない最高画質でプレイする!というなら、

 

・CPU:Core i7以上
・メモリ:8GB以上
・グラフィックボード:GeForce GTX970以上もしくはRadeon R9 290以上

 

これくらいのスペックをクリアする必要があるかと思います。

 

1位:ドスパラ ガレリア ZG

どう考えてもやっぱりコレが一番おすすめ!ドスパラのガリレア ZG

 OS  Windows10 64bit
 CPU  Core i7-6700K
 グラボ  GeForce GTX1080 8GB
 メモリ  16GB
 ストレージ  SSD 512GB、HDD 2TB

 

>> ガレリア ZGの価格を見る

 

BF4のような重めのFPSゲームは、安定した高いfpsを出すにはCPU、グラフィックボード、メモリの3本バランスが本当に大切です。そこをクリアにしているのがこのガリレアZG。爆発だろうと噴煙だろうと、どんなエフェクトがあっても60fpsを下回ることなく、ぬるぬるさくさく、戦場を駆け巡ることができます。

 

BF4はシングルよりもマルチでプレイする方が断然楽しいFPSゲームです。しかも最大64人まで参加できるとなると、自分の役割がすごく重要になってきますね。戦場は厳しいです。一瞬のラグで仲間や隊が窮地に…なんてことにならないように、それなりのスペックをもったパソコンで戦場に向かいましょう。

 

そして、このZGはSSD搭載です。マルチプレイではロードの読み込み時間も重要なスキルとなってきます。512GBのSSDで素早いロードで先手をうっていきましょう!

 

2位:ドスパラ ガレリア XFR

AMDのRadeonシリーズとの相性がいい!

 OS  Windows10 64bit
 CPU  Core i7-6700
 グラボ  Radeon RX480 4GB
 メモリ  8GB
 ストレージ  HDD 2TB

 

>> ガレリア XFRの価格を見る

 

MantleというのはAMD社が開発したグラフィックAPIのことで、グラフィック機能を効率よく処理するために開発されたソフトウェアです。Mantleは描画処理時に直接GPUへの指令を出せることができる司令官なので、こういった部分からミドルクラスのCPUでも足をひっぱることなく、安定したフレームレートを出すことができる!と言われています。

 

ただ、なかなかMantleに対応したゲームがなかったのですが、BF4はこのMantleに対応しているので、同社が扱っているグラフィックボードとの相性がいいわけです。おすすめパソコンで検索すると他のゲームよりもRadeonシリーズが搭載された推奨パソコンが多く目につきます。

 

ただ、裏を返すと他のゲームではMantle対応のものが少ないのが現状。まだまだGeforceを元に開発されているゲームが多く、BF4での効果が他のゲームでも期待できるかというかというと、そこは難しいんですよね。ただ、Radeon RX480は性能的にはGeforceでいうところのGTX980と同等の性能がありつつ、お財布に優しい商品です。モノがちゃんとしてればブランドは関係ない!という方にはおすすめです!

 

3位:ガレリア QSF980HGS

ノートでBF4をやりたい!という方にはこちらがおすすめ!

 OS  Windows10 64bit
 CPU  Core i7-6700HQ
 グラボ  GeForce GTX980M 8GB
 メモリ  16GB
 ストレージ  SSD 250GB、HDD 1TB

 

>> ガレリア QSF980HGSの価格を見る

 

ノート型だと後々パーツの交換ができない点がリスクポイントとなってくるので、その不安を払拭できるよう、ハイスペックなものを選ぶのが正解です。グラフィックボードはGTX980M、メモリも16GBなので、安定して60以上のfpsをマークできるので安心して戦場に繰り出せます。

 

17.3インチサイズに加えて、重量が約4キロあるので、ノート型にしては大柄サイズですが、デスクトップに比べたら小さいし、持ち運びもできることを考えたらかなりお得な一台といえますね。

 

まとめ

BF4のように推奨動作がハイスペックだったり、拡張パックが出ていたりするゲームについては、「推奨パソコン」と謳っているものでもハイクラスのもの、もしくは推奨パソコン以上の性能を持っているパソコンを選んであげると、この先しばらくはたいがいのゲームもさくさく遊べます。

 

BF4以外のゲームも考えているようなら、GeForce搭載のガリレアZGが断然おすすめです。今ケチってワンクラス低いモノを買ってしまうと、絶対1年後に後悔しちゃいますよ!!

 

なぜドスパラ?

今回紹介した3台はドスパラ製品ですが、ドスパラはとにかく製品の種類も豊富なのが特徴ですね。今回の様に推奨パソコン枠内だけで選びきれない場合も、比較する製品がたくさんそろっているので、あちこちのサイトに言ったり来たり…なんてこともありません!

 

カスタマイズも簡単にできるし、キャンペーンで様々な特典がついていたり、出荷が早かったりするのもオススメポイントですね。