おすすめのAVA用ゲーミングPC

おすすめのAVA用ゲーミングPC

無料FPSでも根強い人気を誇るAlliance of Valiant Arms(AVA)。初心者にも始めやすいマッチングシステムで、FPS初心者にも優しいゲームかと思えば、FPSとしての技術力はかなり問われるから、FPS好きにもかなり根強い人気がありますね。ゲームモードも爆破や殲滅や護衛など…色々用意されているので、とても無料とは思えない、クオリティの高いゲームです。

 

AVA推奨スペック

グラフィックの美しさでも「無料とは思えない!」と評判なのがこのAVA。そうすると当然気になってくるのがスペックですね。一般的にFPSと言えば、スペックが重い!というイメージですが、AVAはどんなものなのか…ドキドキしつつもAVA推奨環境を確認してみましょう。

 

・OS:Windows7以上
・CPU:Core i7以上
・メモリ:4GB以上
・HDD/SSD:8GB以上
・グラフィックボード:NVIDIA GeForce GTS 450以上

 

無料ゲームというカテゴリでくくった場合には重い方かもしれませんが、グラフィックやゲームの質を考えると、それほどびっくりなスペックではありません。むしろ、グラフィックがあんなにきれいなのに、推奨環境のグラフィックボードがGTSシリーズであることなどを考えると、優しいスペックなのかもしれません。ただ、迂闊に過信してしまうと、まともにプレイなんかできません。

 

AVAは運やフルーオートだけでは勝てないゲームです。このゲームは臨場感あふれる美しいグラフィック以外に、武器ごとに異なるエイムなどによる「競技性」の高さもウリとなっています。

 

FPS好きが思う存分、そのテクニックを駆使できるゲームだからこそ愛されています。そんなゲームで、カクカクしたりラグなんかあったりしたら、一瞬で命取りになってしまうから、ある程度パソコンの環境には気を遣いたいですね。CPUは置いておいて、

 

・メモリ:8GB以上
・グラフィックボード:NVIDIA GeForce GTX 760以上

 

これくらいあると、あとはテクニック。フェアな環境で楽しめると思います。

 

G-Tune NEXTGEAR i640GA5-SP2-AVA

ガチなクラン戦を戦いぬきたい!または大会出場を狙っている人にはこちらがおすすめ

 OS  Windows10 64bit
 CPU  Core i7-4790K
 グラボ  GeForce GTX970 4GB
 メモリ  16GB
 ストレージ  HDD 2TB

 

>> NEXTGEAR i640GA5-SP2-AVAの価格を見る

 

こちらは公式大会AVARST2013で使用されたモデルのスペックアップモデルのパソコンです。これくらいのスペックがあると、たいがいどんなシーンでもfps200はキープできちゃうので、爆破だろうとなんだろうと、カクつきなんて怖くない!思う存分、テクニックを駆使して戦場を走り回れます。

 

しかも、G-Tuneの推奨パソコンには「Tuneちゃん型爆弾」と、「ポイントマン用銃器」のアイテム特典があるのも嬉しいポイント!ただ、SSDがついていないのが惜しいです。SSDは今の時代には必須のパソコンパーツです。

 

搭載されていれば、パソコンの起動だって激早だし、MAPロードや移動だってサクサクになるから、むしろ「つけない!」なんて人がいればつけない理由を教えてほしいくらいの重要パーツです。オンラインゲームでも特にFPSを考えているプレイヤーには250GB以上のSSDは常識です。是非、SSDは装備してから戦場に出てください。

 

ドスパラ ガレリア XT

ドスパラの人気ゲーミングパソコンといえばこれ!AVAだって他の人気ゲームもサクサク

 OS  Windows10 64bit
 CPU  Core i7-6700
 グラボ  GeForce GTX1060 6GB
 メモリ  8GB
 ストレージ  HDD 2TB

 

>> ガレリア XTの価格を見る

 

高性能なCPU、グラフィックボードはコスパのよすぎるGTX1060で、メモリは8GBというバランスのとれた性能です。これくらいあれば、AVAの場合120Hzなら120fps、144Hzなら144fpsを出せるほどの性能をもっています。(事実上の話で、内部的には200fps出ます)つまり、カクつきなんて心配ご無用の性能です。

 

推奨パソコンにこそ入っていませんが、AVAだってFF14だって、PSO2だって最高画質で快適にプレイができます。しかも、文句なしのコスパ!このパソコンはオンラインゲームを愛する人達からも圧倒的に支持されている1台なので、オンラインゲーム初めて!FPS初めて!という人はもちろん、クラン戦の上位ランキングに入ってやる!というアクティブな人も不自由なく戦っていける環境です。

 

ただ、こちらも残念なことにSSDがついていません。どんなオンラインゲームをプレイする上でもSSDはつけて上げたほうが移動もサクサク。ストレスフリーなプレイのためにも是非搭載しておきましょう!

 

G-Tune NEXTGEAR-NOTE i7500SA1-SP

推奨ノートPCではありませんが、G-Tuneでおすすめのノートです!

 OS  Windows10 64bit
 CPU  Core i7-6700HQ
 グラボ  GeForce GTX960M 2GB
 メモリ  8GB
 ストレージ  SSD 256GB、HDD 1TB

 

>> NEXTGEAR-NOTE i7500SA1-SPの価格を見る

 

先に紹介したNEXTGEAR i640GA5-SP2-AVAは大会でも使用されていたモデルのスペックアップバージョンで文句なしの性能でしたが、こちらはそちらに比べるとスペックは正直低めです。ただ、推奨パソコンだからAVAにおいては問題なくプレイが楽しめますし、特典アイテムもしっかりもらえます!

 

だた、オンラインゲームの中でもFPSはパソコンの性能が特に重要です。画面で言えば、やっぱり大きい方が奥の方に隠れている敵も発見しやすいし、エイムだって断然しやすい。同じ金額をかけるのであれば、デスクトップの方がいいスペックのものが買えちゃうし、後々パーツの交換も難しい…ノート型パソコンは省スペースでゲームを楽しめるメリットはありますが、その分悩みも多いということを覚えておきましょう。

 

まとめ

実はドスパラにもAVAの推奨パソコンがあったりします。しかも、G-TuneのNEXTGEAR i640GA5-SP2-AVAにも性能的にまったく劣らないハイスペックパソコンで、特典アイテム付き!なぜそんなパソコンを抑えてXTなのか?理由はシンプルです。G-TuneのNEXTGEAR i640GA5-SP2-AVAや推奨パソコンより断然コスパがいいから!

 

具体的には2万円以上違ってきます。2万円ってかなり大きいですよね。FPSはMAPロードや移動時の素早さがキーポイントにもなってくるゲームなので、250GB以上のSSDは必須です。そうすると、パソコン本体代金にSSDのオプションが増えちゃいます。

 

お財布に余裕があればハイスペックハイコストのパソコンにSSDを追加してあげるのが一番ですが、XTでもAVA以外の人気ゲームもさくさく遊べるのだから、XTにSSDをつけたほうが断然お買い得です。正直、AVAのアイテム特典が山ほどどっさり!絶対もらっておいたほうがいい!というものでもありません。

 

アイテム特典、推奨パソコン、この2つよりも「お買い得」。これがガレリアXTをおすすめする一番の理由です。